三次元測定機なら正確に測ることが可能|作業がスピーディーになる

男の人と女の人

使い分けができる

メンズ

ものづくりの制作現場に欠かせないものが三次元測定機です。三次元測定機を使う事で様々なものを簡単にデータ化、さらに立体的に見る事ができます。三次元測定機には色々なタイプのものがあり、必要に応じて使い分けが可能です。

CADと差の無い物を作る

機械

試作品を立体的に測定

CADで設計し、それを試作した場合は三次元測定機を使って正確に作れたかどうか確認しなければなりません。そうでないと少しのゆがみに気づかず、そのまま量産してしまい大きな損失を出してしまうでしょう。3Dの製品を設計できるのがCADの強みですが、それが実際に作れているかどうかは別の話です。使用した素材によっては大きく変形し、CADで設計したものとずれが生じてしまいます。目で見てそのずれを把握することは難しく、三次元測定機を導入することは必須であるといえるでしょう。三次元測定機は大掛かりで室内の温度にも結果が左右されるイメージがありますが、それは過去のものです。今の三次元測定機は大きく進化しており、据え置き型だけでなく持ち運びが出来るポータブル型も存在しています。PCと連動して、CADの設計との相違についても検証してくれるソフトが多くあるので、必ず正確な試作品の製作が実現できるでしょう。今までは熟練の技術を持った人材がいなければ、こうした立体的な相違と齟齬を発見することは出来ませんでした。しかし、工場に一つ三次元測定機を導入することでCADで作った設計図との違いをすぐに判別できるのです。3Dプリンターとも連動させることによって、設計から試作、確認までスムーズに行えるようになるでしょう。試作品をより正確で高品質に仕上げるために、三次元測定機を使いこなしていくべきです。結果的に時間を大きく短縮できるメリットがあるので、早めに三次元測定機を導入し運用ノウハウを蓄積しましょう。

立体形状の寸法を測る機械

男性と女性

三次元測定機は立体形状の寸法を測る事ができる機械で、寸法を測るための習熟を必要としないため、誰でも正確に立体形状の寸法を測れます。また三次元測定機で測ったデータは、他の機器と共有する事ができるため、3Dプリンタを使って立体形状を作成することも可能です。

立体構造の測定技術

ウーマン

工業製品の検査や試作品検証などの目的で立体構造を測定する際には、3Dスキャナーとも呼ばれる三次元測定機が使われます。三次元測定機には接触式と非接触式の2種類があり、可搬式の非接触式装置は大きな対象も測定可能です。測定対象物に応じた測定方式や測定精度が三次元測定機の選定ポイントとして挙げられます。