三次元測定機なら正確に測ることが可能|作業がスピーディーになる

作業員

立体構造の測定技術

ウーマン

目的に応じた機能を

工業分野では製品の品質を確保するために最終工程での検査が欠かせませんが、立体構造を測定する目的では三次元測定機と呼ばれる機械が使われます。三次元測定機は3Dスキャナーの別名でも知られているように、プローブと呼ばれる探針やレーザー光を使って対象物の三次元座標を精密に測定する装置です。三次元測定機には接触式と非接触式の2種類があり、従来は据置型の巨大な装置で測定できる対象のサイズにも限りがありました。最近では可搬式と非接触式の組み合わせによって、建造物のような大型の対象まで測定できるようになりました。三次元測定機にもメーカーによって多くの種類があるため、導入の際にはどの製品を選んだらいいのかわからないという企業も少なくありません。設置方式や測定方式によって測定できる対象物のサイズが決まってくるため、特に重要な選定ポイントです。小型の工業製品を検査する目的で導入する場合は、工場内に設けられた検査室に据置型の三次元測定機を設置して測定対象を持ち込むことができます。測定対象が大型で検査室に持ち込むのが困難な場合は、可搬式の三次元測定機を測定対象物のある場所まで持ち運ぶといいでしょう。特に多関節アーム型の三次元測定機は測定の柔軟度が高く、あらゆる工業製品の検査や試作品検証に適しています。多関節アーム型ではアーム可動領域や測定精度といったスペック値も選定時に検討すべきポイントとなります。工業製品はわずかな寸法のずれが品質に大きく関わってくることから、検査等に利用する三次元測定機でも高い測定精度が求められます。メーカーが公表している測定誤差や最大許容限界といった数値も比較対象として見逃せないデータです。当然のことながら高性能の三次元測定機ほど購入価格も高額となりますので、費用対効果も度外視できません。価格と性能・機能のバランスという点も三次元測定機を選ぶ際には重要なポイントとなってきます。