三次元測定機なら正確に測ることが可能|作業がスピーディーになる

作業員

立体形状の寸法を測る機械

男性と女性

誰でも正確な寸法を測れる

工作機械を使用して三次元形状の製品を作ったときには、通常の測定機を使って寸法を測ることは困難です。そのため立体形状の製品は三次元測定機を使って寸法を測る事になり、機械によって寸法を測るため高い精度を出せます。他の測定機を使うときには技術が求められるため、経験の豊富な人によって測る必要がありましたが、三次元測定機は操作を覚える事で誰でも測定できます。三次元測定機を使用することで、縦と横だけでなく高さの寸法も測る事ができるため、立体的な形状の製品を測るときに適しています。また三次元測定機は測ったデータを数値として記録できるため、他の機器に測ったデータを利用することが可能です。三次元測定機の測定の仕方としては、製品に実際に触れる事で寸法を測る方法と、レーザーを用いて接触せずに測る方法があります。製造業では精度の高い部品が求められるため、作成した部品が図面通りの寸法になっているか確かめるために、三次元測定機が必要になります。近年では3Dプリンタの普及によって、簡単に立体形状を作れるため、三次元測定機で測った数値を使用して、3Dプリンタで製品を作成するケースが増えています。三次元測定機の使い方としては、高い精度が求められる場合には、製品をセットしたら熱による誤差を防ぐために、製品が室温と同じ温度になるまで待ちます。また製品に汚れが付いていると、正確な測定ができなくなるため、測定する対象物は綺麗な状態で測ります。